Borgフルオートフォーカスシステムの検討

 先日来、Borg対物レンズを使ったフルオートフォーカスシステム(2020/05/01,2020.05,18)を用いて、徘徊撮影を楽しんでいました。

  このBorg71Flレンズを用いた撮影システムは、改造ズームレンズのAF部に、Nikon 超音波ステップ駆動モータを使っています。その結果、今までのシステムに比べ、撮影時の 1)フォーカス速度が早く、2)フォーカス動作領域が広い事などが判り、従来の様にドローチューブを使って概略フォーカスさせる必要なく、撮影が可能な事が判りました。以前、Orion天体望遠鏡(Orion short tube80)の対物レンズをBorgシステムに組み込み、トラフズクを撮影した事が有ります(2018.03.07ブログ記載)。その時のAF部は、Σ70-300DG OSズームを改造したものでした。そのシステムでは、被写体が3m~∞の位置の距離では、殆ど、フルオートとして動作する。しかし、その速度は遅く、ドローチューブにより、フォーカスを概略合わせ、シャッタを切る従来の撮影方法が野鳥撮影には適している為、フルオートフォーカスシステムとしての検討はしていませんでした。 

 今回、対物レンズとして、Borg 71FL以外のレンズ、例えばBorg 77ED2、Borg 89ED 2 、101ED等を使用しても、同様にフルオートシステムとなるかを調べてみました。結果、いずれのレンズでも、AF動作範囲は広いが、フォーカス速度が遅いため、ドローチューブで、概略フォーカスさせる従来の撮影方法がベストと云えます。この、AF速度の遅さを改善するには、システムの光学系を明るくさせる必要が有ります。即ち、改造ズームレンズに取り付ける代替凸レンズの焦点距離を小さくすることで(画像サイズが小さくなります)、改良されます。例えば、Borg77EDの代替凸レンズとして、No.2をNo.3に交換すると、画像は縮小されますが、AF速度は早くさせる事が可能です。

 

Dsc_6203f

写真1 遠くの水位観察塔先端にいたチョウゲンボウです(トリミングなし)。

   フォーカスは自動では困難でした(代替レンズ;No.2使用)

 

 Dsc_6203c

写真1-2 写真1を拡大トリミングしました。撮影画像の解像性は悪くは無さそうです。

 

写真1は枚方大橋から淀川の水位観測塔先端に居たチョウゲンボウを撮影したものです。代替レンズとしてN0.2使用では、撮影はオートでは困難でした・・・が、撮影した写真の解像性は良い状態でした。

 その後、改造ズームレンズの代替レンズをNo,3 を交換して撮影した写真を以下にアップしました。

 Dsc_6310f

 写真2 通称野鳥通りの外れた場所に雉が現れましたので、これを撮影

  問題なく、AFが作用しました。

Dsc_6310c

写真2-2

 

Dsc_6312c

写真2-3

 この撮影では、大きな問題を感じませんでした。

次にツバメの雛を撮影しました。

Dsc_7144c

写真3-1

Dsc_7166c

写真3-2

Dsc_7165c

写真3-3

次に、フルオートフォーカスシステムで、Borg 71を使ったシステムでlテスト撮影です

Dsc_7061c

写真4-1 ホトトギスを撮影しました。この場所でのホトトギスの撮影では

      Borg77ED2使用では、フォーカスの追従が困難でしたが、71Flでは

      撮影が出来ました。

Dsc_7099c

写真4-2

Dsc_7120c

写真4-3

続いて、昨日、石清水八幡のアオバズクを撮影してきました。

Dsc_7276c 

写真5-1

Dsc_7270c

写真5-2

 Dsc_7224c

写真5-3

以上、フルオートフォーカスシステムを可能とするには、1)用いる対物レンズが明るいこと、2)改造に使用するAFズームのフォーカス速度が速いもの(例えば超音波ステップモータ駆動 や、手ぶれ補正効果を発揮してくれる ものを使用することが考えられました。

又、対物レンズには、(71Fl以外にOrion D80,F;400のような明るいレンズを使用することで、フルオートフォーカスシステムが可能でした。この場合のシステムでは、私の使用範囲において、殆ど、このシステムで用途を満足できました(概略焦点距離として、約600mm;焦点距離として600mmより長焦点を必要とする時は、1.4倍テレコンを使用する事が可能でした)。

 

 

2020年5月18日 (月)

続 機材弄りしてました。

 先日、アップしました機材弄り(2020/05/01)の試写システムは、1)フォ...

» 続きを読む

2020年5月 1日 (金)

機材弄りです。20200501

ドローチューブを省略したBorg撮影システムの自作

» 続きを読む

2019年12月15日 (日)

続 機材弄り(Borg /DC-G9システム)

  先日来、ミラーレス一眼カメラ用の長望遠レンズシステム(セミオートフォーカス機...

» 続きを読む

2019年12月10日 (火)

枚方公園で、2種類の珍鳥に出会いました

 昨日来、Borg対物レンズ(Borg 71FL)をD500に取り付ける為のAF...

» 続きを読む

2019年12月 1日 (日)

続、機材弄り

 Borg71fl-D500システムの構成に際し、AF部として、①Nikon A...

» 続きを読む

2019年11月17日 (日)

タゲリの大群が居ました

 昨日、八幡市内里の畑を徘徊してきました。実は、鳥友から内里にタゲリが居ると聴き...

» 続きを読む

2019年11月14日 (木)

淀川河川敷徘徊結果

 昨日、Borg 71FL 対物レンズをD500にセットしたシステムを持って、枚...

» 続きを読む

2019年11月 3日 (日)

機材弄りしていました。

  先日来、Borg 71FL 対物レンズをNikonカメラに接続するにあたり、...

» 続きを読む

2019年10月27日 (日)

続、Borg71fl-D500システムでカワセミを試写

 このカワセミの写真は、対物レンズとしてBorg 71 Flを使い、AF部材とし...

» 続きを読む

«続、Borg71fl-D500システムで試写