2017年5月18日 (木)

本日の徘徊撮影はコアジサシです

 今日は体調が良く、コアジサシでも撮影出来ればと思い、淀川河川敷を枚方公園まで出かけて来ました。天野川には、コガモ親子が未だおり、多くのカメラマンが撮影を楽しんでいました。その足で、流木のある河口へ・・・、そこに、コアジサシが7羽居ましたので、これを撮影して楽しみました。その写真の1部をアップさせて頂きました。

使用機材はシグマ150-600/Nikon;1.3倍クロップ使用(トータル780mm、完全手持ち撮影)

Dsc_5211l

写真1 撮影元サイズです、真ん中のコアジサシが頻りに色々とポーズをしていました。

 その部分を写真2に、拡大トリミングしました。


Dsc_5211s

写真2

Dsc_5212s

写真3

Dsc_5213s

写真4

Dsc_5200l

写真5 流木の片方に、ペアーと思われるコアジサシが仲良くしていました。

Dsc_5200s

写真6 写真5を拡大トリミング

Dsc_5198s

写真7 互いに見つめ合っている所です。

Dsc_5296s

写真8 飛翔中のコアジサシです

Dsc_5294s

写真8

Dsc_5291s

写真9 水を飲みたくなったのか?水面に嘴をつけていました。

Dsc_5290s

写真10

Dsc_5288s

写真11

Dsc_5289s

写真12

 コアジサシを撮影した後、通称 野鳥通り’辺りでツツドリの声を聞き、探しましたが、見つけられずでした。もう、ツツドリが現れる時期になってきた事を感じました。

ツツドリを探している際、近くの鉄塔に、ハヤブサが。 このハヤブサは、この場所と対岸の間を良く往復しています。今日は、殆ど動かないので、シャッターは一枚だけです。


Dsc_5191l

写真13 鉄塔にハヤブサがいました。

Dsc_5191s

写真14 写真13を拡大トリミングしました。

以上、今日も、余り変わり映えしない写真となりました。

2017年5月15日 (月)

体調不良で、徘徊撮影に行けませんでした。

ここ最近、やけに疲れを感じ、お陰でさまで、持病の関節炎が頻発、夜の睡眠も不足がちになっていました。疲れに効果があるという健康飲料を探し、約1週間テストしていました。この影響か、今日は体が快調になってきたのを感じましたので、久しぶりに、Sigma C 150-600/Nikon システムを持って枚方グランドまで徘徊撮影に出かけてきました。

でも、撮影したい被写体は勿論、カメラマンの姿も少なく、本当の徘徊になるか?と思ったほどでした。この前、ササゴイが居た天の川(ササゴイ撮影後、姿を見る事が有りません)を覗くと、コガモの群れを見つけ、撮影しました。その一部をアップさせていただきました。

Dsc_5122

写真1 コガモが草陰の中に居ました。


Dsc_5097

写真2 暫くすると、日なたで遊泳開始 (9羽の雛が居ました)


Dsc_5113

写真3 親鳥の後を群れをなして追従です


Dsc_5115_2

写真4 一列になって追従開始


Dsc_5121

写真5

 コガモを撮影した後、帰宅開始、途中、穂谷川河口を覗くと、カワセミの姿を見つけましたので、これを撮影。代わり映えしない留鳥ですが、その写真をアップさせていただきました。

Dsc_5127

写真6 舟橋川河口で出会ったカワセミ(雄)です


Dsc_5137b

写真7


Dsc_5156

写真8


Dsc_5146

写真9


Dsc_5138b

写真10


Dsc_5139_420

写真11

 今日の徘徊では、小鳥の鳴き声らしきものは、ウグイス、シジュウカラ、エナガ、キジ、コジュケイ、カラスが主で、運動不足解消がメインとなりました。

2017年5月 3日 (水)

徘徊撮影、成果無しです

 昨日の午後から、徘徊開始。システムはBorg77/Pentax K1です。撮影したい被写体に巡り会えずで、オオヨシキリ、コチドリを撮影。自転車道で、コムクドリの大群(約30羽)が通り過ぎて行き、遠くの木の中へ(この木へは、近づく事が出来ない場所でした)。取りあえず、証拠写真程度になるかな?と思ってシャッターを切る。以下、ランダムに画像をアップしました。

Imgp7360l

写真1 オオヨシキリです(元サイズ画像)。

Imgp7360s

写真2 写真1を拡大トリミング

Imgp7362s

写真3 うるさく囀っていました。

Imgp7372s

写真4

Imgp7366s

写真5

次に、コチドリを撮影しました(元サイズ)

Imgp7383l

写真6

Imgp7383s

写真7

Imgp7402s

写真8

 余り、代わり映えしないので、直ぐに撮影を止め、場所を移動し、自転車道を徘徊。そこで、コムクドリの群れに遭遇。コムクドリは遠くの木の枝の中に入り込み、動き出す気配無しで、入り込んだ木を撮影しました。(コムクドリを認識出来る写真となるとは思っていませんでした。) 撮影した その木です。

Imgp7428l

写真9 コムクドリが集団で入り込んだ木です。

Imgp7428s

写真10 写真9を拡大トリミング。 コムクドリが居た事が確認できました。

Imgp7430s

写真11

 以上、昨日だけでなく、今日も駄目でした。







2017年4月29日 (土)

いつもの徘徊撮影、全滅です

 昨日、いつものように淀川河川敷を枚方公園まで徘徊してきました。本日持参したシステムはNikon D7100にΣ150-600(C)をセット、クロップを掛けて、手持ち撮影です。最近、どうも、撮影結果は、体調に左右されているような気がしています。カメラのホールドが甘くなり、撮影画像がイマイチです。先ずは、枚方大橋のチョウゲンボウに挨拶から始めました。取りあえず、その画像をアップさせていただきます。

Dsc_4770

写真1 丁度、1時頃でしたので、お食事中でした。


Dsc_4761

写真2 今日の昼食は、ネズミの刺身??


Dsc_4768

写真3 当方に今日の昼食を見せてくれました


Dsc_4774

写真4 さあ、食後の運動開始??


Dsc_4775

写真5

 この後、天の川河口付近へ移動しました。そこにある流木に、コアジサシが居ましたので、撮影です。あまり、飛行姿を見る事は、一度だけで、撮影に失敗で、その後、殆ど、チャンスが有ませんでした。 

Dsc_4853

写真6 コアジサシが流木に止まっていました。


Dsc_4867

写真7


Dsc_4866

写真8 

 その他、河口には、コガモに混じって、オオバンがいました。何気なしに、コガモを見ていますと、どうも、コガモより少し大きくて、嘴の様子が変わっていたカモが居ましたので、取りあえず、撮影。カモに詳しい方が居られましたら、コメントください。後部に青緑色した羽の存在があります・・・・?。多分、オカヨシガモ?と、思っていますが・・・・・。

Dsc_4899

写真 9 嘴の様子がコガモにしては色、形が違うように思います。左側が雌で、右が雄か? 正直、名前は良く分かりません。


Dsc_4897

写真10 オオバンに混じって泳いでいました。

 この撮影後、淀川河川敷堤防を牧野方面に、向かって帰宅。三栗地域では、良くキジの鳴き声が聞こえますのですが、今日は堤防の上から、姿を見る事ができました。被写体までの距離は、可成り有ります。撮影で、使用した焦点距離は780mmです。

珍しくは無いのですが、ここで撮影したキジです。

Dsc_4930

写真11 雄のキジですが、この他にも、近くで他のキジの鳴き声が聞こえていました。


Dsc_4938

写真12


Dsc_4925

写真13


Dsc_4979

写真14 雌雄でいました。


Dsc_4955

写真15

 本日は、とまり物ばかりとなりました。トビ物を狙っていましたが、殆どブレブレとなってしまいました。手持ち撮影時は、体調が良くないと、カメラのホールドが甘くなってしまい、満足な写真がとれませんでした。

2017年4月24日 (月)

今年初のササゴイ

 今日は、Lumix GX7に、100-300mm+Olympus 1.7 フロントテレコンを装着したシステムを持って、いつもの淀川河川敷公園を徘徊してきました。枚方公園、天野川に、ササゴイが居ましたので、これを撮影してきました。私がササゴイに会ったのは今年は初めてです。余り代わり映えしない写真ですが、以下にアップさせて頂きました。

P1140900s

写真1 


P1140896s

写真2


P1140883s

写真3


P1140884s

写真4

P1140882s

写真5

P1140880s

写真6

P1140885s

写真7


P1140886s

写真8

 今年、ササゴイに初めて出会いました。このササゴイ、未だ、小魚の捕獲に慣れていませんようで、ただただ、川面を眺めているだけで、又、人にも慣れていないようで、堰堤で人の動く姿を見ると、直ぐに移動し、小魚の捕獲姿を捉まえる事は出来ませんでした。

2017年4月20日 (木)

Orion 80φ/Pentax K1システムで、淀川河川敷を徘徊

 今日は、Orion対物レンズ(80φ、焦点距離;400mm、F値;5)/Pentax K1システムだけを、持って淀川河川敷公園を徘徊してきました。システムのAF部にはPentax DA50-200を改造し、フォーカス用レンズとして、600mm凸レンズを使用し、これに、1.4倍シグマテレコン装着したものです。枚方公園までの遊歩道に面した雑木林では、ヒヨ鳥、シジュウカラ、ツグミなどがいましたが、他に撮影したい被写体に遭遇することなし。

通称、’野鳥通り’に行くと、コジュケイ、キジの甲高い声が盛んに聞こえましたが、草陰術で身を隠していました。でも、Orion/K1システムで、草陰術を使っているコジュケイ を撮ってみました。その写真が1です。

Imgp7327l

写真1 撮影画像は、元画サイズです

     この写真を拡大トリミングしたものが写真2です。

Imgp7327s1

写真2 拡大トリミングした写真で、本レンズの光軸調整して以後、良く写るようになりました。

 この撮影中、コジュケイやキジの鳴き声だけで、他に目ぼしい被写体が現れないので、別の場所へ移動。すると、天野川の草陰にクイナが居ましたので、これを撮影してみました。以下、その写真をアップさせて頂きました。写真3はトリミング無しの画像で、他は全て拡大トリミングしています。

Imgp7312l

写真3 どこにクイナが居るか判りにくいです。この写真を拡大トリミング下のが、写真4です。

Imgp7312s

写真4 写真3を拡大トリミングしました。暗い枯れ草の中にクイナがいました。


Imgp7314s

写真5


Imgp7317s

写真6

Imgp7319s

写真7


Imgp7323s

写真8

 以上、今日は、Orionレンズの調子を知りたく、Pentax K1システムをセットして、淀川河川敷公園を徘徊してきました。このレンズはヨシカワ光器研究所にて、光軸調整と、レンズセル内でレンズのズレが起こりにくくして頂いた結果、このレンズに対して、安心して使用出来るようになりました。調整に必要な代金が高いか否かは、使用者の満足度に左右されますが、私は充分に良かったと感じています。
        

 

2017年4月16日 (日)

Σ600(C)/Nikon を持って徘徊、コクガンに出会いました

 今日も淀川河川敷を徘徊してきました。撮影機材はΣ150-500(C)/NikonD7100を持参しました。先ず、黒田川河口へ行きました所、沢山のカメラマンがファインダーを覗いて、盛んにシャッターを切っていました。みると、オオバンの中に一羽、オオバンとは違った水鳥が居ました(コクガンです)。早速、逆光の中のコクガンを撮影してみました。いずれも、逆光の為か、どうも、解像性がイマイチな写真となりました。その写真をランダムにアップさせて頂きます。 写真1はオオバンに混じって泳いでいたコクガンです。

Dsc_4113

写真1

 写真2はコクガンの上スレスレに爆撃機のように、川鵜が飛翔してきました。

Dsc_4142

写真2

Dsc_4196

写真3


Dsc_4198

写真4


Dsc_4199

写真5


Dsc_4208

写真6


Dsc_4240

写真7


Dsc_4262

写真8

 以上、コクガンを撮影した後、何か?を求めて、通称、’野鳥通り’へ行きました。そこでは、極めて暇な時間となりました。コジュケイ、キジの甲高い声はすれど、姿見えずでしたが、何とか、雑草の中に姿の一部を見つける事が出来ましたので、取りあえず、シャッターを切りました。以下にコジュケイが草隠れ術を使っている写真、キジ、シロハラの写真をアップさせて頂きました。

Dsc_4328

写真9 コジュケイが草隠れ術を使っていました。

Dsc_4194

写真10 日本の国鳥です

 写真11は コジュケイの声に神経を注いでいた際、現れたシロハラです

Dsc_4316

写真11 シロハラです

以上、私にとって、コクガンを、この近辺で見る事は、生涯ないでしょうね・・・。





2017年4月14日 (金)

Borg77/Nikon システムでオオルリ,ノビタキ他

 今日は、午後より淀川河川敷を徘徊してきました。先日撮影したオオルリ、イマイチで、もう一度撮影にTry、ついでに、ノビタキも撮影したくて・・・・・。撮影システムは、前回と同じ、Borg77/Nikonシステムを用いました。撮影したオオルリ写真を以下に開示します。

Dsc_3891s

写真1

Dsc_3903s

写真2

Dsc_3847s

写真3


Dsc_3884s

写真4


Dsc_3874s

写真5


Dsc_3922s

写真6


Dsc_3909s

写真7

オオルリを撮影していると、近くの木の枝にシメが居ましたので、ついでに撮影。

Dsc_3958

写真8 シメです


Dsc_3951

写真9  アッチの方を眺めていました。

この撮影の後、次に、ノビタキの撮影に行きました。

Dsc_4005l

写真10 ノビタキは、カメラから少し離れた位置にある木に、現れました(原寸画像です)

Dsc_4005s

写真11 写真10を拡大しました。


Dsc_3981s

写真12

Dsc_4006s

写真13


Dsc_3986s

写真14


Dsc_4028s

写真15

ノビタキを撮影し、帰宅準備していると、畑にヒバリの姿が有りましたので、これも、ついでに撮影。

Dsc_4095

写真16


Dsc_4084

写真17


Dsc_4081

写真18

 今日は、オオルリ、ノビタキは、良く現れてくれました。 

                    以上











2017年4月 5日 (水)

Borg77/Nikon システムでオオルリ

 今朝、2時間程度、Borg77/D7100システムを持って、淀川河川敷を枚方公園近くまで、徘徊。そこでオオルリに出会う事が出来ました。用いたシステムのAF部には、全玉除去Nikkor 80-200にフォーカス用レンズとしてΣ600mm凸レンズを使用しました。更に、テレコン×1.4倍を装着し、1.3倍クロップを掛けて撮影しました(トータル焦点距離は概略700mmで、完全手持ち撮影)。ブレブレ写真ですが、ランダムにアップさせて頂きました。

Dsc_3459

写真1


Dsc_3463

写真2


Dsc_3466

写真3


Dsc_3470

写真4


Dsc_3482

写真5



Dsc_3483

写真6


Dsc_3503

写真7

Dsc_3512

写真8

漸くにして、淀川河川敷公園で、オオルリに出会う事ができました。いよいよ、春ですね。


2017年4月 4日 (火)

Σ150-600(C)・Nikonシステムで諸々撮影

 少し体調を崩し、暫くブログ更新が途絶えていました。2,3日前から、いつもの淀川河川敷を徘徊しましたが、出会うのは、ハチジョウ、ベニマシコ等で、ブログにアップしていませんでした。今日は、久しぶりにΣ150-600(C)/ニコンを持ち出し、八幡の桜公園に行ってきました。ヒョッとすると、まだイカルにでも会えるかな?と思ってでしたが、やはり駄目でした。しかし、桜の枝の中には、エナガ、コゲラ、ムシクイ、スズメ、ニュウナイスズメ等に出会いました。その写真の一部をアップさせて頂きました。先ずはエナガです。

Dsc_3402

写真1 桜花の中のエナガです。

Dsc_3413

写真2

Dsc_3456

写真3 アッチコッチ、飛び回っていました。

Dsc_3437

写真4

 

 続いて、側にあった木で、コトコト音がしだしたので、コゲラの存在に気づきました。

Dsc_3440

写真5 


Dsc_3452c

写真6 

 コゲラを2,3枚撮影して、再び桜花の中を飛び回る小鳥を撮影していると、その中にムシクイが居ました。多分、ウグイスかな?すこし、色が綺麗で、枝止まり姿がウグイスとは違うかも?メボソでもなさそう・・・。


Dsc_3414

写真7


Dsc_3416_3

写真8

 

桜花の中を飛び回っている小鳥の中にニュウナイスズメが居ました。

Dsc_3399c

写真9 ニュウナイスズメでした


Dsc_3393c

写真10


Dsc_3388c

写真11

 ご存じの方が多いとは思いますが、ニュウナイスズメと一般のスズメとの違いは、頬に黒い斑紋のあるなしです。撮影している木には、一般スズメも居ましたので、写真12にアップしておきます。

Dsc_3436

写真12

以上、今日は、色々な小鳥に出会え、結構楽しく撮影する事が出来ました。しかし、今日のシステム、borgに比べると、重たく!、余り、撮影の面白みがないように思いました。






«淀川河川敷を徘徊