2018年6月17日 (日)

石清水八幡から山田池公園へ

 今日の午前中は、石清水八幡のアオバズクの様子を見たく、Σ150-600/D500をもって出かけてきました。アオバズクの雛は未だな様子で、一羽の親が前回の見られた位置より、幹に近い枝に、不動の姿勢で居ました。前回と代わり映えしませんが、その姿写真をアップさせて頂きます。

Dsc_1104c_2
 
写真1 本日のアオバズクです、前回より幹に近い枝に居ました。


Dsc_1114c

写真2

Dsc_1098c

写真3

Dsc_1110c

写真4

アオバズクの様子を観察した後、一端、帰宅。午後から、舟橋川沿いに国道1号線を経由し、山田池公園方面へ徘徊。舟橋川では、珍しく、ゴイサギの水浴び場面に遭遇し、これを撮影、以下に、その写真をアップさせて頂きました。

Dsc_1119

写真5 舟橋川で、水浴びしていたゴイサギです

Dsc_1124

写真6

Dsc_1127_2

写真7


Dsc_1131

写真8


Dsc_1134

写真9 今日は暑かった、ゴイサギも思わず、水浴びに興じていました。

最近、私の家の近くでは、ゴイサギの姿を見る事が、めっきり少なく、まして、水浴びをしている様子は初めてでした。とても、可愛く感じました。

 ゴイサギを撮影した後、山田池公園の裏側の田んぼの様子(ヒョッとするとタマシギの姿が見られるかな?と思って)を調べに行ってきました。結果は、ケリが一羽、アオサギが1羽、カルガモが一羽いただけで、目的としたタマシギの姿は見つけられませんでした。残念でした。

 

 

2018年6月13日 (水)

山田池のオオタカの様子

 最近、山田池公園は、菖蒲、紫陽花を鑑賞する人で、賑わっています。先週も、野鳥撮影に来ましたが、めぼしい小鳥に出会う事が出来ず、池の側からのオオタカ鑑賞です。ご存じの方も多いと思いますが、池の側からオオタカの位置まで、かなりあります。為、本日は、Borg89/D500システムを使ってみました(三脚使用)。写真1は先週、撮Σ150-600/D500で影したオオタカをアップさせて頂きました。

Dsc_0849

写真1 オオタカの雌です、拡大トリミングしています

以下、Borg89/D500で、撮影した本日のオオタカです。

Dsc_1059

写真2 木陰の中に居たオオタカです(トリミングなし)

Dsc_1060

写真3

Dsc_1063

写真4 毛繕い中

Dsc_1070

写真5

Dsc_1074

写真6 後ろを向いてしまいました。 雄が餌を取って戻ってくる気配が全くなく、しびれを

切らし、雌が餌を捕獲の為に動き始めたようです。

Dsc_1076

写真7 お尻を上げ、脱糞後の姿です。この後、突然に飛び出しました。

Dsc_1078

写真8

Dsc_1080

写真9

Dsc_1081

写真10

 山田池公園のオオタカは現在、子育て中です。これから交互に餌を運ぶ姿が頻繁に見られるようになるかも・・・。






2018年6月 3日 (日)

石清水八幡のアオバズク

 今日は、お昼前に石清水八幡へ、アオバズクの様子が見たくて出かけました。ご神木の周りには、カメラマンの姿はなく、今年はアオバズクは居ないのか?少し心配しました。木陰の中をゆっくりと調べていると、例年、現れているあたりにアオバズクの雄の姿を見つける事が出来ました。アオバズクは頭を、ゆっくりと左右に動かすだけで、目を開けてくれません。兎に角、撮影した今年のアオバズクの写真をアップさせて頂きます。

Dsc_0784l

写真1 アオバズク(雄)、暗いうちに活動していたので、眠いのでしょう・・・。

Dsc_0787c

写真2

Dsc_0778c

写真3

Dsc_0791c

写真4

Dsc_0793c

写真5

Dsc_0798c

写真6

Dsc_0809c

写真7

 以上、撮影していると、地元の人らしい方がやってきて、今年は5月20日過ぎ頃に、2羽の姿を見ることが出来ましたとか。そして、二羽は暫くすると、一羽だけとなり、多分、雌は営巣しているのでは?と教えてくれました。もう少し経過するれば、幼鳥の姿をみる事が出来るのでは・・・・?。









2018年6月 2日 (土)

久しぶりの淀川河川敷徘徊です

 当方、体調が良くなく、撮影をstopしていました。今日は、久しぶりに枚方公園まで、運動を主目的として、Borg77/PentaxK3(AF部、Σ70-300DG.OS前玉交換)をもって徘徊してきました。まず、通称、野鳥通りでは、シジュウカラの営巣姿、続いて現れたカワラヒワを撮影、その後、天ノ川にて、オオヨシキリとササゴイに合う事が出来ましたので、これらを撮影して帰宅です。撮影はいつもの通り、すべて手持ち撮影です。以下、順次写真をアップさせていただきます。

Imgp3492c_2

写真1 営巣中のシジュウカラです。補足した虫を持ってきました。この場所、少し暗くて、iso3200、SS400で撮影、解像性に欠けたブレブレ写真となりました。

Imgp3516c

写真2

Kawara3535

写真3 シジュウカラを撮影していた時に現れましたカワラヒワです。

Kawara3537

写真4 

Kawara3539

写真5

この後、天ノ川を覗き込むと、ササゴイが居ましたので、撮影。ここではササゴイの毛繕い場面のみをアップさせて頂きました。

Sasagoi3560

写真6 待てど暮らせど、魚を補足する姿は見られずでしたが、この後、無性に体が痒くなったのか、毛繕いです。

Sasagoi3561

写真7 毛繕い開始

Sasagoi3563

写真8

Sasagoi3564

写真9

Sasagoi3566

写真10

Sasagoi3567

写真11 気持ちよさそうな顔をしていました。

Sasagoi3568

写真12 脇の下も、少し痒いな・・・・・

次に、川のそばで、けたたましく鳴いていたオオヨシキリ、これは、良いアングルに姿を見せてくれるのは、時間がかかりそう、・・・で、適当に切り上げました。

Yosikiri3549

写真13  オオヨシキリの姿が有りました。

Yosikiri3555

写真14 やっと、体をみせてくれました。

 今日は、久しぶりの撮影となりました。明日も、気分が良ければ、別場所へ徘徊に出かけたく。














2018年4月28日 (土)

枚方河川敷でコアジサシ

 今日は、コアジサシでも撮影できれば・・と思い、枚方河川敷まで行ってきました。いつもの止まり木のある場所に着くと、沢山のカメラマンがいました。コアジサシ、特に珍しい被写体では有りませんが、餌のプレゼント場面でもと思い、カメラを構えて待ちました。以下、餌渡しの画像だけをアップさせて頂きます。

Dsc_0691s

写真1 オスのコアジサシが餌を持って帰宅してきました。メスが待ち受けていたようです。


Dsc_0693s

写真2 旨そうでしょうと、話しかけているみたいです。


Dsc_0724s

写真3 別のアジサシが、また現れました。魚を捕ってきたよう・・・・。


Dsc_0725s

写真4 これは、新しい・・・、食べるよ・・・と、言っているみたいでした。


Dsc_0726s

写真5 ええ加減に、魚を放してよ・・・・。


Dsc_0727s

写真6 美味しいかい?と尋ねていました。


Dsc_0728s

写真7 それでは、もう一度、小魚を捕りに出かけてきます・・・・。と、この場を離れて行きました。

この写真を撮った後、この場所から離れようとした時、対岸にカモの姿を見つけ、シャッターを押しました。写真8はその写真で、マガモでした。

Dsc_0748l


写真8 モニターで拡大して、マガモと確認です、目が悪いです。

Dsc_0748s

写真9 マガモでした。

この後、通称、野鳥通りに行くと、数人のカメラマン。キビタキ等を狙っているとの由。キビタキは先日、撮影したばかりで、興味なく、帰宅しかけたところ、アオジが飛んできましたので、これを撮影して、今日は帰宅です。

撮影したアオジです。

Dsc_0770s

写真10 突然、現れましたアオジです。


Dsc_0776s

写真11 すぐに何処かへ飛んでいきました。

本日、使用した撮影機材、D500に、シグマ150-600HSM OSを使用しました。

 




2018年4月22日 (日)

本日は山田池公園です

 一昨日、淀川河川敷へ出かけましたが、あいにく、カメラマンの姿も殆どなく、目ぼしい野鳥にも会うことなく、完全にマル坊主で帰宅。今日は日曜ゆえ、山田池公園での撮影も、釣果は期待せず、キビタキにでも会うことができれば・・・と思い、午後より出かけてきました。まず、池の周りにカメラマンなし、アオバト撮影場所には数人、紅葉谷に一人と、寂しい限りでした。次に、以前、ルリビタキが現れていた場所に行くと、カメラマンが数人いました。しかし、キビタキは現れても、木陰の奥で、撮影する気になりませんでした。しばらくすると、殆どのカメラマンが居なくなりました。すると、幼鳥を含むキビタキが3羽、眼前に姿を現してくれました。

 以前、淀川ではキビタキに良く遭遇しましたが、山田池では、カメラ位置に姿を見せてくれたのは、初めてで、これ幸いとばかり、シャッターを切りました。以下、山田池で出会ったキビタキです。

Dsc_0646s

写真1 良いカメラ位置に現れてくれたキビタキです


Dsc_0649s

写真2


Dsc_0652s

写真3


Dsc_0657s

写真4


Dsc_0659s

写真5



Dsc_0662s

写真6


Dsc_0672

写真7 別の場所に現れたキビタキ(幼鳥のようです)


Dsc_0674s

写真8

以上、山田池公園で出会ったキビタキです。

 ご連絡事項;

先日、私のブログで、13年、14年、15年のファイルを完全に削除させていただく事を連絡しましたが、削除は5月10日付近で削除させていただきますので、よろしく。


2018年4月13日 (金)

枚方河川敷へ行ってきました。

 今日、久しぶりに枚方河川敷まで行き、撮影を楽しんできました。実は、ここ最近、体調を崩し、撮影は自重していました。枚方河川敷に着くと、コマドリの声はすれど、姿は見られず、暫く様子を伺っていましたが、変化なし。他の場所へ移動し、ツバメの水飲み姿やカワラヒワ、コチドリの姿さらに、雉の姿を見つけ、撮影してきました。以下、雉を中心にした画像をアップさせて頂きます。先ずは、ツバメの画像を2枚、コチドリ2枚、スズメ1枚です。

Dsc_0510

写真1 今日は暖かく、ツバメが水たまりの水を飲んでいました。


Dsc_0513

写真2


Dsc_0626

写真3 コチドリが数羽いました。


Dsc_0555

写真4


Dsc_0525

写真5 いつもは岩ツバメが巣を作る場所ですが、今日覗くと、雀が居座っていました。

    どうなっているのでしょうね?

次に雉に出会うことができました。


Dsc_0582

写真6 キジの雄叫びです。


Dsc_0585

写真7 母衣うちを始めました。


Dsc_0586

写真8


Dsc_0587

写真9


Dsc_0589

写真10


Dsc_0590

写真11

 本日使用した機材;Borg77/シグマ70-300DG OS前玉交換-Nikon D500 (1.3倍クロップ使用)です。

ご連絡;最近、当ブログの容量が大きくなったので、容量を大きくして使用してきました。

過去の古いブログ(2013年、2014年、2015年度)のファイルを完全削除させて頂きたく、この場を借りて、ご連絡させて頂きますので、宜しくお願いします。

2018年3月18日 (日)

淀川河川敷を徘徊

 最近、淀川河川敷への徘徊は遠のいています。特に、磯島地域から牧野地域の雑木が伐採され、野鳥の姿が、めっきり少なくなってしまいました故。

 最近の情報では、トラフズクは、’もう抜けた’、未だ居るよ・・・と、2通りに分かれていた事が気になっていました。・・・で、今日は、枚方公園のトラフズクの様子を見たく、出かけました。現場に着くと、トラフズクは未だ健在でした。以下、撮影した枝隠れのトラフズクの写真をアップさせて頂きます。

Dsc_0357_191

写真1 相変わらずの眠り姿です

Dsc_0381_194

写真2 少し、頭を動かした際に、目を開けてくれました


Dsc_0386_197

写真3


Dsc_0388_199

写真4


Dsc_0397_201

写真5

Dsc_0383s_195

写真6


Dsc_0363_192

写真7 横顔です


Dsc_0333_190

写真8 何となく、未だ眠そう・・・

Dsc_0305_189

写真9 やっぱり眠たい!

 以上、トラフズクは未だ居ました。もう、そろそろ 見られなくなるな・・・、と思いました。




2018年3月17日 (土)

今日の山田池は変わり映えせず

 本日の午前中、山田池公園まで徘徊してきました。特に変わり映えしないと、思いつつ。池の側には、オオタカ狙いのカメラが数台。続く、アオバトが現れる場所には、沢山のカメラマンが居ました。が、どうしてか、今日は撮影の気分にならなく、直ぐにパス。続いて、オシドリが居る場所に移動。この場所で、取りあえずシャッターを切りました。・・・と言いますのは、オシドリ(♂)の変身開始姿(エクリプス)が有りました。この後、紅葉谷を抜けた辺りの落ち葉の中に動く気配があり、よく見ると、トラツグミでした。留鳥とは云え、前回観測した所と殆ど、同じ場所でした。

以下、本日のオシドリの写真をアップさせて頂きます。

Dsc_0203_174

写真1 ここは、オシドリの定宿?


Dsc_0199_176

写真2 


Dsc_0203s_175

写真3 オシドリの変身姿(エクリプス)が見られる時期となりましたようです。

エクリプスを撮影した後に出会ったトラツグミです。

Dsc_0277_177

写真4 トラツグミが元気に餌を探していました。


Dsc_0265_178

写真5


Dsc_0258_179

写真6 


Dsc_0243_181

写真7


Dsc_0238_182

写真8


Dsc_0237_183

写真9

Dsc_0235_184


写真10

 以上、本日の撮影機材も、Borg77/Nikon(AF部;Σ70-300 DG OS,前レンズ交換)を用いました。


2018年3月14日 (水)

本日も山田池公園

 撮影機材に慣れる為、本日も、Borg77/Nikonシステムを持って山田池公園へ出かけてきました。 山田池にはアオバトが、先日より現れていましたが、タイミングが悪く、撮影出来ていませんでした。以下、本日、撮影した、雑木の中のアオバトの姿を写真1から5にアップさせて頂きます。

Dsc_0105_160

写真1 


Dsc_0111_161_163

写真2

Dsc_0116_162

写真3


Dsc_0131_165

写真4


Dsc_0139_166

写真5

アオバト撮影の後、池に居るオシドリの様子を見てきました。オシドリはカメラから100m以上離れている薄暗い木陰の下におり、今日は50羽以上の姿を見る事が出来ました。

Dsc_0149_167

写真6 沢山のオシドリが群れていました。

この撮影の後、オオタカが現れるのを待ちましたが、残念、姿を見せてくれませんでした。代わりに、鳶が現れましたので、これを撮影し、帰宅しました。

Dsc_0173l

写真7 オオタカ待ちしていた際に現れた鳶です(画像は、撮影元サイズです)

Dsc_0173_168

写真8 写真7を拡大トリミングした画像です。Dsc_0174_169

写真9


Dsc_0175_170

写真10

Dsc_0176_171

写真11

Dsc_0177_172

写真12

 以上、Borg77/Nikonシステムに使用しているAF部(Σ70-300 DG OS)の被写体の捕捉状態や撮影した画像の解像性が知りたく、又、このシステムでの撮影に慣れる為、止まり物や飛翔姿を撮影していました(完全手持ち撮影)。AF速度も、まあまあで、撮影画像の解像性も良好で、手ブレ補正が良く働いてくれていると思いました。









«山田池公園を徘徊してきました。