« ノビタキに遊んでもらっていました。 | トップページ | 続 機材弄り(Borg71FL/D500システム)していました。 »

2019年10月19日 (土)

機材弄り(Borgシステム)していました。

この度の台風19号で、被害を受けられた皆様へ、お見舞い申し上げます。

当方、久しぶりに、先だってより徘徊撮影、ブログの更新を再開しました。体調不良のため、D500に∑150-600をセットしたシステムでの撮影は、持病の関節炎が発症しそう。次の日は∑100-400にテレコン×1.4を使用したシステムにかえて徘徊撮影しました。しかし、考えてみれば、最近、Borgシステムを使う事が非常に少なくなっている事に気付きました。・・で、別途、Borgシステムの調整を行い、そのシステムを使って(10月7日)に淀川河川敷へ出かけてきました。で・・・、用いたシステムは、Borg71 FLにAF部として∑ 70-300 OSズーム内の前レンズ部分をクローズアップレンズ(No.2)に置き換えたものを使用しました。

その外観を写真1にアップしました。
Borg71fl-d500

写真1 対物レンズにBorg71FL、AF部に∑ 70-300  OS の前レンズ郡を除去、その先端にNo.2 クローズアップレンズ、
     カメラ;Nikon D500 したシステムです。概略焦点距離として約600mmになっています。

次の写真2は、最近、Borgシステムに利用しているAF部材です。

Photo_20191019152401

写真2 Nikonカメラ用に作りましたAF装置です。

 右側のものは、Nikon VR55-200ズームの全内部レンズを除去したもので、使用に際しては、先端にNo.2またはN0.3のクローズアップレンズを付けます(これにより、光路系を明るくします。しかし、結像は小さなります)、結像を元のサイズに戻すため、フランジ部には約1.4倍のテレコンを装着して使用します。 このAF機材を作るまでは、Nikon TC-16Aのマイクロ端子位置を改造し、デジタルカメラにも使えるようにしたものをつかっていました。しかし、その機材には、絞りが無い為、マニュアルで操作が必要でした。
 この操作(フォーカス調整、絞り、シャッター操作等)をセミオートで動作させるために、Nikon VR 55-200ズームレンズの全内部レンズを除去して改造しました。
 次に、写真の中央のAF装置はNikon VR 55-300を改造しましたものです(目的は、AF動作範囲、AF速度、手振れ補正効果などをしらべる為です)。更に、左側のAF装置は∑70-300 OS を改造したものです。この3個の装置では、∑ズームを改造したものが、AF作動範囲、速度等、手振れ補正機能について、最も信頼性が有るように思えました。

 次に,表1には、Borg構成システムを検討して、私が感じた結果を纏めてみましたもので、数値は、概略値です。

Photo_20191103154501

表1 今回検討したBorgシステムの特性一覧です

 表から解りますように、このシステムではクローズアップレンズ(No.2)を利用し、1.4倍のテレコンを装着したものでは、用いた対物レンズの焦点距離に近い値となります。

 しかし、ズームレンズの前レンズ郡だけを除去し、その後にNo.2のレンズを用いた場合は焦点距離が約1.5倍になっている事が判ります。
例えば、対物レンズとしてBorg 77ED2を用いると、システムの鏡筒の長さは52cm(フード先端からカメラマウント部まで)、焦点距離;775mmとなります。

 次に、Borg71FLの利用では、筒長が40cmで、焦点距離;約600mmとなり、非常に使いやすいシステムとなっています。更に、
他の長焦点距離のBorg対物レンズ、例えば、89EDⅡ(600mm)では、焦点距離が約900mmのシステムとなりました。
 今回、Borg撮影システムで、Borg 71 FL(クローズアップレンズ;No.2)、AF部;∑70-300 前レンズ除去システムを使い、淀川河川敷で10月17日で、実際に撮影したコゲラ、エナガ、モズの写真です。写真3-6にアップしました。

Dsc_7728s

写真3-1 コゲラです

Dsc_7682s

写真3-2

Dsc_7704s

写真4-1 エナガです

Dsc_7713s

写真4-2

Dsc_7738s

写真5 遠くにいたモズです。

 実際の撮影結果は、Borg77EDシステムとあまり変わらないような画像が得られました。
又、システムのサイズもコンパクトとなり、重量も∑100-400、1.4倍テレコン使用システムと同等の重量で、非常に使い易いシステムとなっていました。このシステム、これからの、出番が増えそうです。

 当然ですが、後日、このシステムをミラーレス一眼カメラのレンズとして、応用したく思っています。Vario100-400レンズ(実質焦点距離;800mm)に比べ、もう少し、長焦点が期待されそうです(約、1,500mm位)。この検討結果は後日、ご報告したく思います。

 

後書き;体調は未だ、完全には取り戻せていません。持病の関節障害、疲れ、フラツキが解消しません、何故か分かりませんが、パソコン弄りは、非常に疲れを覚え、写真の現像処理等は面倒くささくなり、処理がおろそかになってしまします。従いまして、目障りなブログとなっているかもしれませんが、ご容赦あれ!

« ノビタキに遊んでもらっていました。 | トップページ | 続 機材弄り(Borg71FL/D500システム)していました。 »

趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ノビタキに遊んでもらっていました。 | トップページ | 続 機材弄り(Borg71FL/D500システム)していました。 »