« 枚方公園で、2種類の珍鳥に出会いました | トップページ

2019年12月15日 (日)

続 機材弄り(Borg /DC-G9システム)

  先日来、ミラーレス一眼カメラ用の長望遠レンズシステム(セミオートフォーカス機能を備えたシステム)作りにTryしていました。
使用するミラーレスカメラはLumix DC-G9で、このボディーに焦点距離が400mm以上のBorg対物レンズを使い、セミオートフォーカス化のため、Lumix Vario 45-200 ズームレンズの前玉レンズ群を除去し、その後にNo.4 or No.5のクローズアップレンズと交換した改造レンズを使ってセミオート撮影が可能なシステムを構成しました。

 写真1が今回、試作したシステムで、対物レンズにはBorg 89 ED(600mm)を用いています。このシステムでは、焦点距離として約2,500mm以上になっていると思います。従って、このシステムでは鏡筒やドローチュ-ブなどの構成機材は勿論、改造したズームレンズを80φ鏡筒に取り付ける際にも、その光軸を正確に調整する必要があります。もし、この調整が不十分であれば、撮影時に発生するブレも加わり、撮影した画像に大きく影響を与えます。

Cimg7720d_20191215104701

写真1 概略焦点距離として、約2,500mm以上になっています。

 この試作した撮影システムの様子を調べるため13日に淀川河川敷(枚方公園)へ出かけてきました。まず、先日、出会ったツクシガモ、スズガモがまだいるのかを調べる為にも、前回と同じ場所へ行きました。これら野鳥が健在であるのを見て、撮影開始です。
撮影には、普段、手持ち撮影を主体としてきましたが、今日は一脚を使用しました。
 まずは、ツクシガモの写真で(写真2~)、画像の拡大はしていません。

P1010851l_20191215104801

写真2ー1 ツクシガモは、先日と同じ場所にいました。画像は堰堤から撮影し、拡大してません。

P1010910l_20191215104801

写真2-2

P1010888l_20191215104801

写真2-3

P1010881l_20191215104801

写真2ー4

 ツクシガモを撮影した後、スズガモ撮影にTryしました。スズガモの数が前回以上に増えていました。

P1010999l_20191215104801

写真3-1 スズガモの雄は、健在していました。

P1011003l_20191215104801

写真3-2 スズガモ(雌)です

P1011010l_20191215104801

写真 3ー3 このスズガモ撮影は、至近距離からの撮影となり、このシステムではファインダー内に収まらず、
構成しているシステムの鏡筒部分を(5cm)長く再調整して、撮影しました。 

   スズガモ撮影しながら、高槻側をみると、対岸際に、カワアイサの群を見つける事ができました。そのカワアイサの群を撮影し、一部を拡大トリミングし、アップさせていただきました。

P1010954l_20191215104801

写真4ー1 淀川対岸際にいたカワアイサの群です。

P1010939s_20191215104801

写真4ー2

 撮影した写真の中で、ブレの少ない写真を拡大トリミングしたものを写真4-3に示しました。

P1010931s_20191215104801

写真4-3 拡大トリミングしてみたカワアイサの姿です

 カワアイサを撮影した後、通称 実験池へ移動。そこでは、カルガモ、オオバン、マガモ、小ガモ、カイツブリ、ヨシガモ等、多くのカモ類を見ることができました。時計をみると、午後4時前で光の照射状態があまり良くないので、ヨシガモだけを撮影し帰宅しました。
本日撮影したヨシガモを真5にアップさせて頂きました。

P1011040l1

写真5 ヨシガモ、いました。

 以上、

 

あとがき、

 今まで、ミラーレス用カメラの望遠レンズとしてLeica DG Vario 100-400を使っていましたが、淀川河川敷での撮影には、もう少し長焦点距離のものが欲しくなる場面が有りました。・・・で、このシステムを自作してみました。しかし、今回作成したミラーレス用の長焦点距離レンズで野鳥撮影するには、あまりにも焦点距離が大きいシステム故、三脚を使い、撮影時のブレ防止対策をする必要性を痛感させられました。

 

 

 

« 枚方公園で、2種類の珍鳥に出会いました | トップページ

趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 枚方公園で、2種類の珍鳥に出会いました | トップページ